岐阜市と一宮市に5校を展開する学習塾。クラス授業・個別指導で、小学生・中学生・高校生を対象。英語教室・そろばん塾も併設。

ニュース&ブログ

BBQを科学する

とある生徒

「せんせー。バーベキューばっかやってるよね。」

「太るよ…っていうか,お腹の肉やばくない?」

「いいんだ。食材を美味しく頂くには,BBQが最高にいいんだ。」

とある生徒

「そーかなー。」

そこで,なぜBBQが美味しいのかを科学してみました。

その1

「炭火は強火の遠火」

これで,食材の表面に適度な焦げ目がついて,うまみを閉じ込めるんです。

その2

「炭火はパリッ」

ガスには水素が含まれているので,燃焼すると水蒸気が発生します。

炭にはほとんど含まれませんので,燃焼しても二酸化炭素しか発生しません。

ですから,炭火はガス火で焼くよりもカリッと焼けるのです。

その3

「くん製効果」

炭火で焼くと煙がでますよね。

あの煙によって,「くん製」効果がもたらされ美味しさが引き立つんです。

その4

「灰から近赤外線」

熱くなった炭の表面には白い灰がついています。

その白い灰(セラミックス)からは,近赤外線が放出されています。

これにより,うまみ成分を逃がさず上手に焼けるのです。

うなぎの蒲焼職人さんは,この白い灰を飛ばさないようにしながら,炭を勢いよく燃焼させるようにうちわで扇ぐのだそうです。

その5

「雰囲気補正」

最終的にはコレです。

外で楽しくわいわいやるから,おいしいんです。

自分で準備して,自分で焼くから一層のことです。

さて,中学生の皆さん。

「その2」は教科書にも載っている大切なことです。

覚えておいてくださいね。

次のBBQが楽しみでしょうがない

@Shinoty

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



次の記事 

前の記事 

このページの先頭へ